「静かな焔」 : 肝臓移植をうけた医師

福井 智子【著】

突然の吐血から余命5年の宣告を受けた彼を、絶望から救ったのは1つの再会だった。そして、苦しい闘病の中で「生きるための決断」をする。術後1年、臓器移植再開のために奔走しながら、感染症のため力尽きて倒れた。肝臓移植を受けた青年医師の生と死。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 発病(吐血
  • 入院
  • 越年
  • 再就職
  • 腎移植 ほか)
  • 2章 闘病(再入院
  • 小康
  • 宣告
  • 移植論議
  • 阪大転院 ほか)
  • 3章 移植手術(渡英
  • 手術
  • 退院
  • 帰国 ほか)
  • 4章 早すぎた死(1日でも長く
  • 「移植を求める会」の結成
  • 国会請願をおこす
  • 届かなかった祈り ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「静かな焔」 : 肝臓移植をうけた医師
著作者等 福井 智子
書名ヨミ シズカナホノオ : カンゾウイシヨクオウケタイシ
出版元 祥文社
刊行年月 1990.1.26
ページ数 281p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4915197123
NCID BN05519627
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想