古代の道教と朝鮮文化

上田 正昭【著】

朝鮮半島に伝来した道教の跡を訪ね、朝鮮の道教と古代日本の道教的信仰との関連を探り、日本文化に及ぼした渡来の人々の大きな役割を力説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 道教と古代文化
  • 古代日本の道教と朝鮮
  • 高句麗文化の内実
  • 和風諡号と神代史
  • 役行者の原像
  • 神道・仏教と平田学
  • 渡来と帰化と
  • 桧隈と渡来氏族
  • 飛島文化の背景
  • 渡来の神
  • 日朝神話の比較
  • 万葉の歌と渡来人
  • 雅楽と古代朝鮮
  • 古代の丹波と日本海文化
  • 新羅古碑と秦氏の由来
  • 古代近江と渡来文化
  • 古代吉備の歴史と文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代の道教と朝鮮文化
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ コダイノドウキヨウトチヨウセンブンカ
出版元 人文書院
刊行年月 1989.11.30
ページ数 268p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4409520091
NCID BN04127621
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想