破壊なき開発 : 変容する環境概念

地球環境と開発の共生法とは。現在、我々が直面している最大の問題は、環境を破壊することなく、いかに人間の要求を満足させていくかということである。技術の進歩は驚くほどの豊かさをもたらしたが、生物である地球の危機を引き起こしてしまった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 食糧と環境
  • 自然と人工の環境
  • 破壊なき開発
  • 環境・地球規模の関心事
  • 開発と環境保護は両立できるか
  • 社会的公正、平和、環境的に健全な開発
  • 環境管理
  • 水と環境
  • 人類の必要充足
  • 砂漠化は食止められる
  • 環境教育
  • 軍縮と環境〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 破壊なき開発 : 変容する環境概念
書名ヨミ ハカイナキカイハツ : ヘンヨウスルカンキヨウガイネン
出版元 ハイライフ出版
情報企画出版
刊行年月 1989.9.29
ページ数 210p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想