私の短歌作法 : 短歌入門  下

島田 修二【ほか著】

新しい短歌入門、心の機微に触れる。現代日本歌壇を代表する人々の言葉。写実短歌から反写実・ライトヴァースまで作歌のヒント、短歌工房の秘密を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私はたいへん勝手な、無頼な考え方で作ってきた(中野菊夫)
  • 写実的な形をとり、そこに自分の存在を置いて(富小路禎子)
  • 歌はほとばしってくる勢い。若い時の歌がいい(中野菊夫)
  • 短歌なんていうのは楽しんで作ればいい(佐佐木幸綱)
  • 詩の内容はいかに表現するかによって決定する(葛原繁)
  • 縦には空穂系の先輩、横には集団の人たちとの葛藤(篠弘)
  • 歌がじめじめしないで生身そのままの感じです(河野裕子)
  • 歌は作者の主張というものが最後に結ばれればいい(加藤克巳)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の短歌作法 : 短歌入門
著作者等 島田 修二
書名ヨミ ワタクシノタンカサクホウ : タンカニユウモン : ゲ
巻冊次
出版元 六法出版社
刊行年月 1989.11.15
ページ数 187p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4897702372
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想