法秩序の生成と変動

日本法哲学会【編】

[目次]

  • 論説(法秩序における真実と事実
  • 法体系の生成における原基形態と互酬性
  • 現代社会における「法的なもの」の動揺と拡散
  • 自生的秩序と論争
  • ナチズムにおける法体制の変動-フレンケル『二重国家』を中心に
  • イギリス近代法の多元的構造-法の歴史的分析・再考)
  • 分科会(イデオロギー論と法存在論-マイホーファーの見解について
  • 正義論のゆらぎ-脱正統化とルーマンのシステム理論
  • ハートにおける二つのルール概念
  • Nordic Realismの特質について-イョルゲンセンの見解を手がかりとして
  • 法の捉え方の諸様相-認識的理解とその後の展開)
  • 研究ノート(A.スミスにおける同感判断の重層構造-"civic humanism"的解釈の批判的検討
  • 法的推論のAI(人工知能)モデル化-Ann v.d.L.ガードナーを中心に)
  • 書評(水波朗『ホッブズにおける法と国家』
  • 小林直樹著『法・道徳・抵抗権』
  • 桂木隆夫著『自由と懐疑』-ヒューム法哲学の構造とその生成 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法秩序の生成と変動
著作者等 日本法哲学会
書名ヨミ ホウチツジヨノセイセイトヘンドウ
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.10.30
ページ数 202p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641026777
NCID BN0414313X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想