熱帯林破壊と日本の木材貿易 : 世界自然保護基金レポート 日本版

黒田 洋一;ネクストゥー フランソワ【共著】

我々は、しばしば「環境テロリスト・ニッポン」という日本指弾のはげしさにおどろくがこうした批難はどこからきているのか。本書は、日本の熱帯木材輸入と、熱帯雨林破壊の連関に、焦点をあて、地球全体の資源である熱帯林の持続的利用のために日本がとるべき行動を具体的に提言した画期的なレポートである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 熱帯林の破壊と日本の木材貿易
  • 世界最大の熱帯木林輸入国(世界の熱帯木林貿易に占める日本の地位
  • 木材関連産業における熱帯木林の役割)
  • 木材、資本そして援助(熱帯木材の持ち込み-誰が何をコントロールしているのか
  • 木材供給の確保と援助貿易を学ぶ-熱帯諸国における日本の経済干渉)
  • 将来はどうすべきなのか(国際的な枠組みからみた日本の熱帯木材貿易と海外林業協力
  • 熱帯木材貿易政策の再検討)
  • 付録(世界の熱帯木材貿易統計
  • 日本の林業と木材関連産業統計
  • 熱帯林の伐採、加工に関する日本の対外直接投資と合弁事業
  • 国際協力事業団(JICA)の林業協術協力一覧 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熱帯林破壊と日本の木材貿易 : 世界自然保護基金レポート 日本版
著作者等 Nectoux, François
黒田 洋一
ネクストゥー フランソワ
書名ヨミ ネツタイリンハカイトニホンノモクザイボウエキ : WWFレポ-トニホンバン
出版元 築地書館
刊行年月 1989.11.1
ページ数 265,52p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4806722154
NCID BN03998777
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想