探偵小説四十年

江戸川 乱歩【著】

[目次]

  • 処女作発表まで
  • 余技時代
  • 探偵作家専業となる
  • 東京に転宅
  • 放浪の年
  • 「陰獣」を書く
  • 生きるとは妥協すること
  • 虚名大いにあがる
  • 最初の「江戸川乱歩全集」
  • 2回目の休筆宣言
  • 精神分析研究会
  • 小栗、木々の登場
  • 甲賀、木々論争
  • 隠栖を決意す
  • 末端の協力
  • 愈々協力に励む
  • 戦災記
  • 探偵小説復活の昂奮
  • 探偵作家クラブ結成
  • 探偵小説第3の山
  • 「幻影城」出版と文士劇
  • 涙香祭と還暦祝い
  • 小説を書いた1年
  • 英訳短篇集の出版

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 探偵小説四十年
著作者等 中島 河太郎
江戸川 乱歩
書名ヨミ タンテイシヨウセツヨンジユウネン
出版元 沖積舎
刊行年月 1989.10.20
版表示 〔新装覆刻版〕
ページ数 529,33p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4806040142
NCID BA61539775
BN04285611
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想