マンハッタン連続殺人

カッツ ウィリアム【著】<Katz William>;延原 泰子【訳】

真夏のニューヨーク、マンハッタン。ウェスト・サイドのアパートで若く美しいひとり暮らしの女性ばかりが、一人、また一人と殺されていく。暴行や抵抗のあとはない。被害者たちをむすぶ共通の手掛かりも見つからない。そして殺人現場に、犯人からのメッセージとして残された紙粘土でつくったゴンドラにはどういう意味がある?自信たっぷりの殺人犯の挑戦にニューヨーク市民は戦慄する。捜査が難航するうちにまた次の被害者が-。『恐怖の誕生パーティ』『コパーヘッド』で日本でも人気を博したウィリアム・カッツの心理サスペンス。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンハッタン連続殺人
著作者等 延原 泰子
カッツ ウィリアム
書名ヨミ マンハツタンレンゾクサツジン
シリーズ名 扶桑社ミステリー
出版元 扶桑社
刊行年月 1989.10.25
ページ数 319p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4594004954
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想