プリントゴッコのイラストボックス

江戸の昔、鮮かや色彩で人々の心をとらえた浮世絵、日本の多色刷り文化の歴史はこの浮世絵に始まったといっても過言ではないでしょう。当時、浮世絵は絵師、彫師、刷師等多くの人手と手間をかけられて作られていました。なぜでしょうか。それは江戸時代にプリントゴッコがなかったからです。平成の現在、みなさんは本誌とプリントゴッコを手にしたことで、絵師、彫師、刷師の全てを手中に入れた、といえましょう。華もあれば毒もあるこの平成の浮世にあなたも1枚の鮮かな浮世絵を咲かせようではありませんか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総天然色 完全多色刷りへの道
  • ハイパーお正月カット
  • エクセレント図案
  • タイホグラフィ
  • パズルで年賀状
  • 招待状キット
  • イラストレイテッドはがき
  • 背景パターン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プリントゴッコのイラストボックス
書名ヨミ プリントゴツコノイラストボツクス
出版元 駸々堂出版
刊行年月 1989.11.25
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想