現代の社会病理  4(1989)

日本社会病理学会編集委員会【編】

[目次]

  • 「社会病理学」の成立の時代背景(小関三平)
  • コントロール理論の系譜と近年の動向(森田洋司)
  • 農村の老人自殺とその家族的背景(松平寿昭)
  • 患者家族の社会病理(北村薫)
  • 夫婦葛藤のメカニズム(神原文子)
  • エイズをめぐる社会病理(仲尾唯治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の社会病理
著作者等 日本社会病理学会編集委員会
書名ヨミ ゲンダイノシヤカイビヨウリ : 4(1989)
巻冊次 4(1989)
出版元 垣内出版
刊行年月 1989.10.20
ページ数 293p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想