国際化へのゲーム思考 : 日本的あいまいさからの脱却

松本 道弘【著】

保身より自己実現へ。狭く閉じられたムラ型思考から、広く開かれた都市型思考への脱皮が求められる国際化の時代。状況を一つのゲームとしてとらえ、すべてを自らの責任において創造的に対処し、決定していくことを力説した好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロジックは思考の武器
  • 第2章 ストレート思考で問題解決
  • 第3章 証明のよろこび-証明は照明
  • 第4章 比喩・ユーモアによる集中思考
  • 第5章 驚異のゲーム思考
  • 第6章 "知的武道"ディベート-ゲーム思考の応用として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際化へのゲーム思考 : 日本的あいまいさからの脱却
著作者等 松本 道弘
書名ヨミ コクサイカヘノゲ-ムシコウ : ニホンテキアイマイサカラノダツキヤク
出版元 潮文社
刊行年月 1989.10.31
ページ数 229p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 480631207X
NCID BN04151444
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想