火種 : 現代中国文芸アンソロジー中国知識人の良心の声

バーメー ジェレミー<Barm'e Geremie>;ミンフォード ジョン<Minford John>【編】;刈間 文俊;白井 啓介;白水 紀子;代田 智明【編訳】

いままでほとんど西側には伝わってこなかった現代中国の作家・思想家・反体制活動家50余名の声をまとめた「現代小説のエッセンス」。小説・詩・評論・映画・戯曲・随筆・ルポ・絵画・写真など様々な表現形態の作品を通じて、現代中国の抱える絶望と希望を浮かび上がらせた画期のアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 壁(幸福街十三番地
  • 無政府主義的傾向
  • 黒い壁 ほか)
  • プロレタリア独裁-中国の矯正収容所(嫩江収容所での殺人
  • 矯正収容所について
  • 北大荒の夜明け
  • 矯正収容所三景 ほか)
  • 妖怪(権力の幽霊
  • 幽霊が中国の大地をうろついている
  • 形を変えた迷信
  • 大長老を尊崇する ほか)
  • ヒューマニティ(社会主義ヒューマニズム
  • 人道主義者の害毒
  • 浮浪者 何荊夫 ほか)
  • とげ(醜い中国人
  • ある醜い中国人
  • 笑翁妄言 ほか)
  • 曇り-しかし雨は降らない(新婚の夜
  • 汚れた心
  • 真実とは
  • 豚と売春婦について ほか)
  • 霧(霧の宣言
  • 回答
  • すべて
  • 古き寺 ほか)
  • 黄色い大地(黄色い大地
  • 黄色い大地の出現
  • 黄色い大地をめぐって)
  • 鉄格子の向こうの炎(さらば、民主の壁よ
  • 社会主義的民主主義
  • 王希哲に代わっての請願書
  • 教育と処罰
  • 五番目の現代化 ほか)
  • 影の告別(もしまだ元気でいたなら-わが敬愛する魯迅先生に捧げる
  • 秋の夜に
  • 「偉大な蚊」
  • 影の告別)
  • 補遺 火種(方励之とティツィアーノ
  • 劉賓雁言論選
  • 方励之言論選
  • 笑翁妄言-その五「得意にして我を忘るるなかれ」のこと
  • 中央紀律委員会への手紙 ほか)
  • 付録・中国の収容所

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火種 : 現代中国文芸アンソロジー中国知識人の良心の声
著作者等 ミンフォード ジョン
代田 智明
刈間 文俊
白井 啓介
白水 紀子
バーメー ジェレミー
書名ヨミ ヒダネ@シ-ズオブフアイア : ゲンダイチユウゴクブンゲイアンソロジ-チユウゴクチシキジンノリヨウシンノコエ
出版元 凱風社
刊行年月 1989.10.25
ページ数 436p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想