反差別論 : 無限拠性の逆説

柴谷 篤弘【著】

構造主義生物学の視点から差別問題を見直す。被差別部落、在日朝鮮人、同性愛、HIV、障害者、女性、少数民族…差別の諸相の中から新しい人間解放の理論を紡ぐ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「外」の問題(差別への私の関心の由来
  • 日本人の対外意識
  • 加害者と被害者
  • さらにいくつかの前提)
  • 内の問題(部落解放は何をめざすか
  • 差別の諸相)
  • 両側から(差別の無根拠性
  • 少数者としての連帯を-同質のなかに異質をつくる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反差別論 : 無限拠性の逆説
著作者等 柴谷 篤弘
書名ヨミ ハンサベツロン : ムゲンキヨセイノパラドツクス
出版元 明石書店
刊行年月 1989.10.30
ページ数 282p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想