現代農村の家と村落 : 農村社会編成の論理と展開  1

村落社会研究会【編】

[目次]

  • 農・漁村における家族の変容-三重県阿山町下友田・鳥羽市神島の比較分析
  • 農家就業構造の多様化と農業労働力構成-水田地帯における農家就業構造の課題
  • 過疎・出稼ぎ地における家と村落-山形県西川町N集落の20年間の軌跡
  • 現代農民女性の経歴と伝統的「家」意識-農民手記を素材として
  • 村落振興計画とコミュニティ活動-福井県遠敷郡上中町の村落を事例として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代農村の家と村落 : 農村社会編成の論理と展開
著作者等 村落社会研究会
書名ヨミ ゲンダイノウソンノイエトソンラク : ノウソンシヤカイヘンセイノロンリトテンカイ : 1
シリーズ名 村落社会研究 第25集
巻冊次 1
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1989.9.30
ページ数 240p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4540890859
NCID BN03923202
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想