一休さん : とんちで名高い禅宗の僧

三上 修平【シナリオ】;堀田 あきお【漫画】

とんち話で親しまれている一休さんは、禅宗の一派である臨済宗のお坊さんで、室町時代に活躍した人です。また、後小松天皇の子どもだともいわれています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • かなしい生いたち
  • 水あめをなめる
  • 周建義満に会う
  • 謙翁おしょう
  • 苦しみの世界
  • さとりをひらいた一休
  • 弱いもののみかた
  • みんなの一休さん

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一休さん : とんちで名高い禅宗の僧
著作者等 堀田 あきお
三上 修平
書名ヨミ イツキユウサン : トンチデナダカイゼンシユウノソウ
シリーズ名 学習漫画 世界の伝記
出版元 集英社
刊行年月 1989.9.25
版表示 第2版
ページ数 141p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4082400079
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想