明智光秀  下

桜田 晋也【著】

水色桔梗の旗印が早暁の京の街を埋めつくしていた。その中で光秀の顔は輝いていた。この手で天下を大魔王から解き放つのだ。火焔の中で戦国の時代が終ろうとしていた。絶対権力者信長は比叡山を焼き払い、一向一揆を根だやしにし、逆らう者を皆殺しにし、大魔王と称した。一方、皇太子の養い親となって譲位をせまり、天皇を越えようとし、ついには自ら神の地位にまでのぼろうとした。光秀にはそのすべてが許せなかった。そして恐れのあまり、信長に平伏する自分をも許せなかった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明智光秀
著作者等 桜田 晋也
書名ヨミ アケチミツヒデ : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1989.10.10
ページ数 520p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 404172905X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想