お母さんは宇宙人

橋 幸夫【著】

妄想、幻覚、徘徊など、異常な行動を繰り返す母と、介護に疲れはてながらも、さらに大きな愛で乗り越えていく橋幸夫一家の物語。本書は痴呆老人の壮絶なドキュメントであり、家族の絆と心の成長を描いた愛のドラマであり、来たるべき長寿社会へ向けての熱いメッセージです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 母の半生(母の素顔
  • 父の死)
  • ボケの始まり(善福寺の家で
  • さようなら、おツルさん
  • 新しい生活
  • 再発)
  • SOSハードドクター(幻覚
  • 素足のままで
  • 母のお悟り
  • 徘徊
  • 入院)
  • 母島救援隊(ボケの要因
  • 妻の献身
  • お母さんありがとう)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お母さんは宇宙人
著作者等 橋 幸夫
書名ヨミ オカアサンハウチユウジン
シリーズ名 シャングリラの本
出版元 サンブリッジ
刊行年月 1989.9.9
ページ数 206p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4915664058
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想