恋と海と冒険と  上

マクベイン ローリー【著】<McBain Laurie>;橘高 弓枝【訳】

16世紀後半、プロテスタントのイギリスと、カソリックのフランス、スペインとは宗教的に激しく対立していた。イギリス船、アリオン号の船長の娘リリーは、父母に伴われ、サント・ドミンゴに祖母を見舞った帰り、何者かに船を襲われ、目の前で父を殺されてしまう。ようやく無人島に逃れ、命は助かったものの、母は熱病にかかり、この世を去る。わずか12歳のリリーは、小さな弟と妹をかかえ、誰からも忘れられたまま、その熱帯の島に取り残されるのだった。そして、いつしか7年の歳月が流れた-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恋と海と冒険と
著作者等 橘高 弓枝
マクベイン ローリー
書名ヨミ コイトウミトボウケント : ジヨウ
シリーズ名 モダンロマンスリクエストシリーズ
巻冊次
出版元 サンリオ
刊行年月 1989.9.20
ページ数 372p
大きさ 17cm
ISBN 4387892579
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想