京都「口紅文字」殺人事件

鷹羽 十九哉【著】

菓子司『まりむら』の若き後継者・鞠村祐太郎は"究極のお菓子"を求めて全国を放浪中、京都嵯我野で誘拐事件を目撃した。中年男が、若く美しい女性を連れ去ったのだ。祐太郎は二人の後を追い、間一髪で美女の救出に成功。が、犯人は翌日、死体となって発見される。しかも、腹にルージュで"甘"と書かれていたのだ!美女は姿を消し、祐太郎は何者かに命を狙われる。そして、今度は"酸"と書かれた男の死体が…。夏の京都で起こる妖しく"味"な殺人に挑む祐太郎の恋と進理。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都「口紅文字」殺人事件
著作者等 鷹羽 十九哉
書名ヨミ キヨウトクチベニモジサツジンジケン
シリーズ名 FUSO 500
出版元 扶桑社
刊行年月 1989.8.25
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 4594004660
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想