大岡昇平ノート

中井正義 著

「俘虜記」「野火」「レイテ戦記」「武蔵野夫人」等々数多くの名作によって、日本文学に永遠の光芒を放つ大岡昇平。その大岡昇平にはげしく魅かれる所以はいったい奈辺にあるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『レイテ戦記』をめぐって
  • 『俘虜記』と『野火』
  • 『妻』と『母』と『父』
  • 『逆杉』と『黒髪』
  • 『武蔵野夫人』ノート
  • 『天誅』『将門記』周辺
  • 『酸素』『化粧』『雌花』について
  • 『朝の歌』『在りし日の歌』その他
  • 海外紀行ついて
  • 大岡昇平素描
  • 『敗走紀行』『山中露営』を中心に
  • 『幼年』『少年』の世界と後代
  • 芸術エッセイから
  • 『ミンドロ島ふたたび』『事件』について
  • 諸家の「大岡昇平論」ノート
  • 慟哭と敬仰-『レイテ戦記』『ながい旅』をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大岡昇平ノート
著作者等 中井 正義
書名ヨミ オオオカ ショウヘイ ノート
書名別名 Ooka shohei noto
出版元 沖積舎
刊行年月 1989.8
ページ数 327p
大きさ 20cm
ISBN 4806045357
NCID BN03899367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22984726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想