研究史 壬申の乱

星野 良作【著】

皇位継承を契機に天武天皇と大友皇子の争いが日本古代きっての大内乱に発展。律令国家形成途上におこったこの乱の真の原因はなにか。額田王をめぐる三角関係説は?弘文天皇追諡の事情・歴史教育との関係・乱の物語や伝説など、興味深いテーマを加え、江戸時代から戦後に至る諸学説を整理し、初めて研究史上に位置づけた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 大友皇子即位論の流れ
  • 第2 壬申の乱研究の開始
  • 第3 壬申の乱の本格的研究の展開
  • 増補 最近における壬申の乱の研究
  • 戦後の壬申の乱関係文献年表
  • 壬申の乱関係文献索引

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 研究史 壬申の乱
著作者等 星野 良作
書名ヨミ ケンキユウシジンシンノラン
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1989.7.20
版表示 増補版
ページ数 305,20p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4642070346
NCID BN01981682
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想