人生九十年の時代 : 高齢化社会への問い

赤井 成夫【著】

いまや大きな社会問題となった高齢化社会-、それは、どんな姿に落ち着くのか。人は、どのように変わっていくのか。家庭はどこへ行くのか…。これは避けることのなできない、明日のあたな自身の問題である。テレビ・ドラマ化され話題を呼んだ前著『老婚の時代』に続いておくる、衝撃の問いかけ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 定年後の人生が結構長い
  • 第2章 昔の二人分もある女の一生
  • 第3章 長生き社会の光と影-人生いろいろ
  • 第4章 人生の仕上げは老婚で…
  • 第5章 家ではもう死ねない
  • 第6章 日本一長寿の沖家室島
  • 第7章 人生九十年の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人生九十年の時代 : 高齢化社会への問い
著作者等 赤井 成夫
書名ヨミ ジンセイキユウジユウネンノジダイ : コウレイカシヤカイヘノトイ
出版元 エスエル出版
鹿碧社
刊行年月 1989.7.20
ページ数 158p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想