ゲージ場の量子論  2

九後 汰一郎【著】

近年飛躍的発展を遂げてほとんどその面目を一新した場の量子論-特にゲージ場の量子論の解説書である。基本的なところから詳しく説明されているので、量子力学の初等的予備知識で十分理解できる内容となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 対称性の自発的破れ(対称性の自発的破れと南部‐Goldstoneの定理
  • 対称性の自発的破れを起こす模型:2例
  • NG粒子の低エネルギー定理
  • 非線形表現
  • Higgs現象
  • Higgs現象逆定理とカラー閉じ込め
  • Weinberg‐Salam模型)
  • くりこみ(次元正則化
  • 1‐loop計算と乗法的くりこみ
  • BPHZくりこみ
  • ゲージ理論の乗法的くりこみ
  • 質量によらない対称なくりこみ)
  • くりこみ群と演算子積展開(複合演算子のくりこみと演算子積展開
  • くりこみ群方程式
  • くりこみ群とスケール則)
  • アノマリー(アノマリーとBRS対称性
  • アノマリーの計算と幾何学的意味
  • アノマリーと南部‐Goldstoneボソン)
  • 付録(4次元記法、Diracスピノール
  • n=2k次元Lorentz群SO(1,n-1)のγ行列
  • Feynmanグラフの積分公式
  • 行列・演算子に関する便利な公式
  • 外積代数と微分形式)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲージ場の量子論
著作者等 九後 汰一郎
書名ヨミ ゲ-ジバノリヨウシロン : 2
シリーズ名 新物理学シリーズ 24
巻冊次 2
出版元 培風館
刊行年月 1989.7.20
ページ数 284p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4563024244
NCID BN0361880X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想