キリシタン版 エソポ物語

大塚 光信【校注】

1593年、天草で刊行された翻訳文学の先駆。仮名草子の「伊曽保物語」に先んずる、イエズス会宣教師によるイソップ物語の口語訳本で、主に宣教師たちの日本語学習に使われた。国語研究上、極めて重要な文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キリシタン版エソポ物語
  • 古活字本伊曽保物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリシタン版 エソポ物語
著作者等 Aisōpos
大塚 光信
書名ヨミ キリシタンバンエソポモノガタリ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1989.6.5
ページ数 388p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4044044015
NCID BN05702328
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想