ヴァレリー文学論

ヴァレリー P.【著】<Val'ery Paul>;堀口 大学【訳】

マラルメに私淑したヴァレリーは1898年以来20年間、文学上の方法を探究すると称して文学と完全に絶縁状態を続けた。本書は文学的沈黙を守ったその思索の頂点であり、文学上の重要な根本意義を解き明かした。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァレリー文学論
著作者等 Valéry, Paul
堀口 大学
ヴァレリー P.
書名ヨミ ヴアレリ-ブンガクロン
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1989.6.5
版表示 〔改版〕
ページ数 160p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4042038018
NCID BN08350930
BN15809496
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想