反革命の陰謀 : ロシア革命史  2

トロツキー Л.Д.【著】<Троцкцй Лев Д.>;山西 英一【訳】

ペレスロトイカが進むソビィエトで復権が噂されるトロツキーが二年の歳月をかけて執筆した本書は、帝政ロシアの顛落に始まるロシア革命の本質を明らかにした、他に類を見ない感動的な革命の絵巻物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「七月事件」準備と発端
  • 「七月事件」絶頂と壊乱
  • ボルシェビキは七月に政権を獲得しえたろうか?
  • 大誹謗の一か月
  • 反革命の台頭
  • ケレンスキーとコルニロフ
  • モスクワ全国会議
  • ケレンスキーの陰謀
  • コルニロフの反乱
  • ブルジョアジーと民主主義との抗争
  • 上げ潮
  • ボルシェビキとソビエト
  • 最後の連合政府

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反革命の陰謀 : ロシア革命史
著作者等 Trot︠s︡kiĭ, Lev Davidovich
山西 英一
トロツキー
書名ヨミ ハンカクメイノインボウ : ロシアカクメイシ : 2
シリーズ名 角川文庫
巻冊次 2
出版元 角川書店
刊行年月 1989.6.5
版表示 〔改版〕
ページ数 488p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4043057024
NCID BN04646447
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想