チベット白書 : チベットにおける中国の人権侵害 英国議会人権擁護グループ報告

チベット問題を考える【編訳】

[目次]

  • チベット人の居住地域
  • チベットの人口
  • 宗教と社会-1950年以前
  • チベットの地位-歴史的背景
  • 中国共産党支配下のチベット-1950〜1979年
  • 見せかけの「開放政策」-1979〜1980年
  • 「開放政策」以後のチベット-1983〜1987年
  • 「犯罪」と政治犯
  • 地下組織
  • 児童労働
  • 人口計画の強制
  • 移動の制限
  • 漢人の移住と中国化
  • チベットの自治-理論と現実
  • 弾圧下のラサ-1987年10月
  • 展望
  • 結論
  • 日本のチベット報道-解説に変えて(酒井信彦)
  • 資料 ダライ・ラマ法王の5項目の提案

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チベット白書 : チベットにおける中国の人権侵害 英国議会人権擁護グループ報告
著作者等 チベット問題を考える
書名ヨミ チベツトハクシヨ : チベツトニオケルチユウゴクノジンケンシンガイエイコクギカイジンケンヨウゴグル-プホウコク
シリーズ名 チベット選書
出版元 日中出版
刊行年月 1989.6.10
ページ数 149p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想