脱出の技術としての批評

森 常治【著】

ながいこと文学の領域であった感性の世界がエレクトロニックスの強力な援助のもと、ますます精細の度を加えつつあるアニメーションなどを中心とする映像によって占拠されはじめている今日、言語芸術としての文学は未知の宇宙空間を彷徨う流浪の旅をよぎなくされはじめた、と言ってよいであろう。この旅路のゆくえを案じる者ならば、希望の星影を求めて文学の宇宙船の脱出ハッチにかけられた著者の手の動きに注目しないわけにはゆくまい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 階段探し-わが文学批評論
  • ひとつの読者論
  • 終戦処理としての批評
  • 記号の庭-芥川竜之介の『庭』論
  • 兵士の埋葬-ある<私>論
  • 脱出の技術-倉橋由美子をめぐって1
  • <乗替えの便>についての試論-倉橋由美子をめぐって2
  • コミュニケーションとしての性-『鍵』について
  • 無常の館からの逃亡-ロジカル・リアリズムへの道
  • 穢された辺境-心情の政治学
  • 「声」、民話、文学批評
  • 脳空間の言語・文字・印刷小史
  • 詩論のための試論
  • 隠喩としての精神分析-文学批評はフロイトを超えられるか ほか
  • フロットサム・カルチャー・わんだーらんど-谷譲次をめぐって
  • SH503号の記憶-SFの考古学〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱出の技術としての批評
著作者等 森 常治
書名ヨミ ダツシユツノギジユツトシテノヒヒヨウ
出版元 沖積舎
刊行年月 1989.6.23
ページ数 269p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4806045314
NCID BN03722685
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想