殺意の背景

能勢 英男【著】

オオサワ製薬は、新商品SAWAZORINに社運を賭けていた。販売推進部長の野村清治に課せられた任務は大きく、日夜、全力を尽くしていた。が、新薬許可に関わる民生省薬務課長の名刺をみた瞬間、大衝撃をうけた。野村にとって、片時も忘れたことのない人物-終戦の日、北千島の占守島で兄を虐殺した張本人-の名前だった。ところが、許可の目処がついた矢先に、野村が自宅の風呂場で急死してしまう。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 殺意の背景
著作者等 能勢 英男
書名ヨミ サツイノハイケイ
シリーズ名 FUSO500
出版元 扶桑社
刊行年月 1989.5.25
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 459400430X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想