新宿無頼派

中堂 利夫【著】

新宿のドヤをねぐらにしている加藤剛介は、探偵が本業だが、あまり仕事熱心とはいえない。その剛介に、もと美容師をしていた娘の行方を捜す、という仕事が舞いこんだ。早速、調査を開始すると、かつて同僚だったルミ子が剛介に好意以上のものを示し、アシスタント役を務めてくれた。調査が進むにつれ、美容師の単なる行方不明事件だけでなく、同僚が何人も死んでいることが判明し、背後には凶悪な犯罪が潜んでいる臭いがぷんぷんとしていた。剛介自身の生命も危機にさらされ、また警察からもマークされ、剛介は退くに退けぬ状況に追いつめられていった。大都会新宿を舞台に正義派の著者が渾身の力でペンを揮う書き下ろし長編バイオレンス。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新宿無頼派
著作者等 中堂 利夫
書名ヨミ シンジユクブライハ
シリーズ名 FUTABA NOVELS 282
出版元 双葉社
刊行年月 1989.5.25
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4575002828
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想