広島に原爆を落とす日  下

つか こうへい【著】

「…私の魂は、遥か彼方、宇宙の塵となって、けっして許されることなく幾千万年もの時を旅することでありましょう。漆黒の闇を旅する意識体の孤独を癒やすものは、かつて愛されたことがあるという記憶だけなのです。かつて愛したことがあるという記憶だけなのであります」-祖国を愛し、日本を、そして何より恋人百合子を愛するがゆえに、投下ボタンを押さざるをえなかった犬子恨一郎。みずからを誇り、自特と愛の思い強く生きる男の生と時代を、精密に築かれた仮構のなかで描いた、現代文学の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広島に原爆を落とす日
著作者等 つか こうへい
書名ヨミ ヒロシマニゲンバクオオトスヒ : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1989.5.25
ページ数 209p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041422302
NCID BN12493046
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想