中部・北陸

転変の武将石川数正の築いた松本城、知将真田氏が徳川軍を迎え撃った上田城、信州の山あいにたたずむ小諸城、高遠城、武田信玄の本拠躑躅ヶ崎館、前田利家築城の金沢城、上杉謙信が攻めとった七尾城、朝倉氏の一乗谷城、浅井氏の小谷城など、戦国武将の光と影を伝える中部・北陸の堅城を山本茂実、井出孫六、笹沢左保、水上勉、永井路子らの一流作家がドラマチックに描く、城物語と紀行。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中部・北陸
書名ヨミ チユウブホクリク
シリーズ名 日本名城紀行 3
出版元 小学館
刊行年月 1989.5.20
ページ数 293p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4094012036
NCID BA53081128
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想