ポスト第3次オンと銀行SIS : 勝ち残りのための金融情報戦略の展開

山田 文道;関口 益照【著】

[目次]

  • 多次元化するバンキングシステム-役割を終える総合オンライン(成り行き的な"システムの自己増殖"
  • 壁にぶつかった3次オン-状況変化と方向転換
  • 新時代への胎動-多次元化時代への助走)
  • 重層化する金融イノベーション-新時代の扉を開くエレクトロニックマネー(金融技術革新の多次元化-二つの技術と四つの革新
  • 金融システムのパラダイムシフト
  • 銀行業務領域の多次元化)
  • 銀行未来システム-競争優位をめざすバンキングSIS(情報技術の戦略的活用
  • 金融業務の拡がりとシステム対応
  • バンキングSISのフレームワーク)
  • 新時代のシステム開発-ビジネスとシステムの融合(バンキングSISへのアプローチ
  • バンキングSISの基本構造)
  • これからのコンピュータ投資をどう進めるか-新しい企業文化への挑戦(コンピュータ投資に求められるパラダイムシフト
  • コンピュータ投資の新しい要件
  • コンピュータ投資における非技術的課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト第3次オンと銀行SIS : 勝ち残りのための金融情報戦略の展開
著作者等 関口 益照
山田 文道
書名ヨミ ポストダイサンジオントギンコウSIS : カチノコリノタメノキンユウジヨウホウセンリヤクノテンカイ
シリーズ名 新金融シリーズ"21世紀への挑戦"
出版元 キンザイ
金融財政事情研究会
刊行年月 1989.5.18
ページ数 261p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想