三界飛脚  下

村上 元三【著】

島原での働きで公儀御用達の飛脚屋となった「伊賀屋」長八に、嫌疑がかけられた。原ノ城落城の際、キリシタンの宝物を納めた櫃を奪ったというのだ。世情に詳しい町奴たちの助けで八方へ探索の手を伸ばすが、なぜか本多太郎左衛門配下の四谷伊賀組が立ちはだかった。背後で操るのは誰か?やがて江戸城曲輪内へと潜入した長八だったが、「河合屋」主人となった由之助の影が浮かんできた…。時代大作完結編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三界飛脚
著作者等 村上 元三
書名ヨミ サンガイビキヤク : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1989.5.15
ページ数 379p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195987725
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想