サハラ横断砂の巡礼 : ラクダと歩いた478日

前島 幹雄【著】

砂漠の渇きに耐えて初の単独徒歩横断の記録。大西洋海岸モーリタニアから聖地メッカまで、800キロの旅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ラクダを求めて-ヌアクショットでの彷徨
  • 2 「リズ」と共に-出発地点へUターウン
  • 3 サハラは風の中にある-メッカに向って
  • 4 最初の苦闘-これは砂と蚊との戦争だ!
  • 5 <塩の道>からの退却-道なき砂荒野を歩く
  • 6 「リズ」の逃亡-砂漠の夜の孤独
  • 7 ネマ直前の回心-ヌアクショットから56日目
  • 8 首のないマリア-フランス人女性との出会い
  • 9 生の記憶-サハラは生の決着点だ!
  • 10 幻の古都トラブクトゥへ-ニジェールは流れる
  • 11 炎の熱風-ガオの日本人
  • 12 魔のメナカ街道-死んだ青年との対話
  • 13 国外追放の危機-メッカへの祈り
  • 14 幻のビルマ砂漠-ジンデールへ方向転換
  • 15 「太陽が、太陽が…」-アメリカ人青年と歩く
  • 16 運命の風音-「リズ」との別れ
  • 17 チャドの恐怖の中へ-新たな迷い
  • 18 「ジハード」の逃亡-2頭目のラクダとの短い日々
  • 19 チャド横断57日-3頭目の「ラティーフ」と
  • 20 時の喪失-盗難に合い日記など奪わる
  • 21 地獄のミレーサ村-50日間の強盗捜索と裁判
  • 22 時の回復-シジフォスの岩山の日々
  • 23 あれが紅海だ!-ポート・スーダン到着
  • 24 カーバ神殿での祈り-私の旅は終わった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サハラ横断砂の巡礼 : ラクダと歩いた478日
著作者等 前島 幹雄
書名ヨミ サハラオウダンスナノジユンレイ : ラクダトアルイタ478ニチ
出版元 彩流社
刊行年月 1989.4.20
ページ数 309p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想