傭兵たちの挽歌  下

大薮 春彦【著】

"ラ・パロマ号"の事務長を追いつめた片山健一は、背後に国際的テロ組織「赤い軍団」の存在を知った。ヨーロッパで起きた一連の誘拐事件、無差別テロはこの「赤い軍団」の仕業だったのだ。家族を失ったパリでの悪夢もこの軍団の犯行とわかり、片山は軍団のミラノ支部に潜入したが、組織を操るボスは何と意外な人物だった。ベトナムで地獄を見た凄腕の男・片山が復讐の炎と化す長篇バイオレンス完結篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 傭兵たちの挽歌
著作者等 大薮 春彦
書名ヨミ ヨウヘイタチノバンカ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1989.4.15
ページ数 345p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195887461
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想