黄疸 : 病態生理の新しい視点

山本 俊夫【編】

[目次]

  • 1 ビリルビン代謝とその異常(ビリルビンの生成
  • 血清・胆汁・尿ビリルビン
  • 肝細胞のビリルビン代謝)
  • 2 黄疸の臨床と病態生理(黄疸とビリルビン分画
  • 黄疸と肝機能
  • 体質性黄疸の病態生理
  • 胆汁うっ滞と原発性胆汁性肝硬変の病態生理
  • 肝外科と黄疸-肝切除後黄疸の特徴と予後
  • 肝汁うっ滞症と肝臓移植
  • 新生児黄疸とビリルビン光異性体
  • 黄疸の治療と病態生理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄疸 : 病態生理の新しい視点
著作者等 山本 俊夫
書名ヨミ オウダン : ビヨウタイセイリノアタラシイシテン
シリーズ名 消化器病セミナー 34
出版元 へるす出版
刊行年月 1989.3.23
ページ数 228p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想