高血圧の基礎から臨床まで : 1988年第8回高血圧シンポジウム

[目次]

  • 高血圧と内因性ジギタリス様物質(内因性ジギタリス様物質とは?
  • 高血圧におけるジギタリス様物質
  • ジギタリス様物質の精製-我々の成績
  • 高血圧症における成績)
  • 高血圧とタウリン(タウリンとは
  • タウリンの降圧作用
  • 降圧作用メカニズム
  • 本態性高血圧症に対する降圧作用
  • タウリンと心臓)
  • 高血圧管理における血圧日内変動測定の意義(結果
  • 考察)
  • 高血圧の運動療法(運動療法の実際
  • 運動療法の流れと最近の動向
  • 運動による降圧以外の効果
  • 運動療法の適応)
  • 合同討議

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高血圧の基礎から臨床まで : 1988年第8回高血圧シンポジウム
書名ヨミ コウケツアツノキソカラリンシヨウマデ : センキユウヒヤクハチジユウハチネンダイハチカイコウケツアツシンポジウム
出版元 診断と治療社
刊行年月 1989.3.6
ページ数 57p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4787801511
NCID BN04746623
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想