熱夢の女王  下

リー タニス【著】<Lee Tanith>;浅羽 莢子【訳】

この世に生まれ出た己れの使命を父たる闇の公子に悟らされ、今やアズュリアズは邪な女神として地上の三分の一を、悪業の数々を織りなす舞台として支配していた。実際、女神の治世は残虐非道を極めていた。というのも女神の冷酷な戯事は、闇の公子の指示に基いて神々の非道や無関心を人間に教えるためのものであったからだ。これを天界の神々が快く思うわけがない。アズュラーンの娘を懲らすべく、地上に派遣したは天使にして戦士三たり。片や、わが娘を守らんと人界へ赴く闇の公子。かくて、妖魔の父娘と天界の使者との究極の決戦が始まった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熱夢の女王
著作者等 浅羽 莢子
リー タニス
書名ヨミ ネツムノジヨオウ : ゲ
シリーズ名 ハヤカワ文庫FT
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 1989.3.31
ページ数 340p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4150201226
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想