創星記  下

川又 千秋【著】

火星の遺跡群。金星の女人像。人類の前に出現した謎の数々。それはら火星、地球、金星をめぐる神話の痕跡だった。戦乱に疲弊し、滅び去った火星。生きながらに腐り始め、死に瀕する地球。そして無垢のまま手つかずに残された金星。その金星に新たな世界を創造すべき時が来たのだ。ルー・風の前に世界創生の真相が明かされ、彼は神話世界の中へと入りこむ。そして運命に導かれるままに、新たな金星の神話をつくるべく、神々と行動をともにするのだった…。火星、地球の時はいまや過去のものとなった。金星の輝かしき神話の時が、いま始まる!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 創星記
著作者等 川又 千秋
書名ヨミ ソウセイキ : ゲ
シリーズ名 ハヤカワ文庫JA
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 1989.3.15
ページ数 253p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 415030291X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想