ダニエル・イノウエ自伝 : ワシントンへの道

イノウエ ダニエル・K.<Inouye Daniel K.>;エリオット ローレンス【著】<Elliott Lawrence>;森田 幸夫【訳】

日系人最初のアメリカ上院議員波瀾の半生記。'62年上院初当選、ウォーターゲート事件や、イラン・ニカラグア特別委でも活躍した米政界の重鎮である著者が、祖父母のハワイ移民から始まるイノウエ家の歩み、真珠湾攻撃によって一変する日系人社会、そして欧州戦線での激戦と右腕切断、帰還後の社会復帰と人種差別の中での"公正と正義"を求めた政治活動を綴る不屈の人生記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 横山村の火事
  • 第2章 クイーンエマ街時代
  • 第3章 12月のある日曜日
  • 第4章 血なぐさい初陣
  • 第5章 当たって砕けろ
  • 第6章 はるかな故郷
  • 第7章 人は島にあらず
  • 第8章 開票結果
  • 第9章 連邦上院進出-ベンジャミン・F・ディリングハム二世対ダン・イノウエ
  • 付録 1960年以後のダニエル・イノウエ氏
  • ダニエル・K・イノウエ年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダニエル・イノウエ自伝 : ワシントンへの道
著作者等 エリオット ローレンス
森田 幸夫
イノウエ ダニエル・K.
書名ヨミ ダニエルイノウエジデン : ワシントンヘノミチ
出版元 彩流社
刊行年月 1989.3.5
ページ数 475p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想