前田夕暮・香川進 : 石本隆一評論集  1

石本 隆一【著】

終生、清新にして自由な短歌を追い求めた夕暮の系譜をうけ継ぎ、若々しい砦を打ちたてた気鋭の著者の25年にわたる評論活動の集大成!歌壇注視のなかで、当社初の個人散文全集として企て江湖に広く呈示するものである。(全7巻第3回配本)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前田夕暮(白日の人-前田夕暮の軌跡
  • 青竹の鞭-夕暮における「感覚」について
  • 『生くる日に』の光と影
  • 「悪少年の横行」と夕暮
  • 比翼詩人ということば ほか)
  • 香川進(香川進 人と作品
  • 『甲虫村落』の世界
  • 一首を鍵として-『鶸、冬の花』の特質
  • 船の対話)
  • 収録外文献一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 前田夕暮・香川進 : 石本隆一評論集
著作者等 石本 隆一
書名ヨミ マエダユウグレカガワススム : イシモトリユウイチヒヨウロンシユウ : 1
シリーズ名 氷原叢書 3
巻冊次 1
出版元 短歌新聞社
刊行年月 1989.2.10
ページ数 213p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想