ジャック・ロンドン

ジャック・ロンドン研究会【編】

『野性の呼び声』などの動物作家として知られるジャック・ロンドン。しかし、自らどん底の生活から身を起こした成功物語の主人公であり、冒険と浪費にあけくれる反面、社会主義活動にも身を投じる数奇な人生を歩んだ。その人生の矛盾に光をあてながら、作品論を中心により総体的で魅力的なロンドン像に迫るはじめての研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 作品論1 長編(野性と文明の対立 『野性の呼び声』
  • 作品の分裂と作者の矛盾 『海の狼』
  • ホワイト・ファングの退却 『白い牙』
  • リアリズムとファンタジーの分裂 『鉄の踵』
  • 成功の夢と愛の破局と死 『マーティン・イーデン』)
  • 2 作品論2 短編・評論(狼と虫の闘い 「いのちへの愛」
  • 弱者の救済と超人的人物像 社会主義的短編
  • 文明社会への疑問と告発 『奈落の人びと』
  • 社会主義者としての開眼と限界 社会評論)
  • 3 作家論(英雄たちの創造と「白い論理」
  • リアリズムとロマンティシズム
  • ジャック・ロンドン評価の現況
  • ジャック・ロンドン伝記の系譜)
  • 年表
  • 書誌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャック・ロンドン
著作者等 ジャック・ロンドン研究会
書名ヨミ ジヤツクロンドン
シリーズ名 英米文学研究叢書
出版元 三友社出版
刊行年月 1989.2.20
ページ数 299p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想