最後の宦官 : 溥儀に仕えた波乱の生涯  下

凌 海成【著】;余 斌華【訳】

中国静海県に生まれ、わずか10歳で浄身、紫禁城に入り皇帝溥儀一家に仕えた最後の宦官、孫耀庭(スンヤオチン)。清朝末期から文革に至る激動の中国の歴史の生き証人は語る。ラストエンペラーに仕えた男の一生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 町の中へ
  • 江湖人
  • 再挑戦
  • 呉老公
  • 満州国
  • 白雲観
  • 立馬関帝廟
  • 新しい時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最後の宦官 : 溥儀に仕えた波乱の生涯
著作者等 余 斌華
凌 海成
書名ヨミ サイゴノカンガン : フギニツカエタハランノシヨウガイ : ゲ
巻冊次
出版元 旺文社
刊行年月 1988.12.25
ページ数 382p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4010715839
NCID BN03041214
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想