私の競歩半生記 : 体育・スポーツの回想

奈良岡 健三【著】

昭和15年に競歩で日本新記録を樹立した著者が、その実績を背景に、半世紀に亘って積極的に取り組んだスポーツの実際と科学との関係についてのさまざまの発言には、今なお千鈞の重みがあり、すこぶる示唆に富んでいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 津軽から沼津へ
  • 第2部 競歩・マラソン・ジョギング
  • 第3部 北大時代の思い出
  • 第4部 ジャンプ競技への提言
  • 第5部 健康と老化の予防
  • 第6部 体育文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の競歩半生記 : 体育・スポーツの回想
著作者等 奈良岡 健三
書名ヨミ ワタクシノキヨウホハンセイキ : タイイクスポ-ツノカイソウ
シリーズ名 スポーツ・エッセイ・シリーズ
出版元 ベースボール・マガジン社
刊行年月 1989.1.31
ページ数 268p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4583027222
NCID BN03083859
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想