観音経に秘められた色即是空  4

桑田 二郎【著】

死があるこそ生を充実させ真剣に生きようという意欲がわいてくるのです。限られた人生、私たちにとって時間ほど大切なものはありません。生に対する真の認識が観世音菩薩の深い般若の体験であり、その教説が人生のあらゆる問題の解決につながっているのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 瓔珞尚章-正しい信仰とは何だろう
  • 瞑想による生命の内観
  • 観音さまはいるのかいないのか
  • 観音ボサツの自在神力とは
  • 観音ボサツの霊力の意味と呪文の効用を説く方便
  • 広大無辺の宇宙にあまねく存在する観音ボサツの"意志"
  • 人間の生活もかつては不生不滅の存在だった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観音経に秘められた色即是空
著作者等 桑田 二郎
書名ヨミ カンノンギヨウニヒメラレタシキソクゼクウ : 4
シリーズ名 マンガエッセイでつづる魂の日 第4巻
巻冊次 4
出版元 けいせい出版
刊行年月 1989.1.1
ページ数 203p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4874443346
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想