毬藻ロードの火

北城 恵【著】

T銀札幌支店の一社員、沢井修二が財閥の一人娘立原麻由美と恋に落ちて阿寒湖へ旅行に行くところからこの物語は始まる。麻由美の強力な後ろだてを得て修二は専務までのし上がるが、麻由美の傲慢な愛に、性格的にひ弱な面のある修二は次第に憎しみを抱いてゆく。愛人の里見隆子にそそのかされ、麻由美殺害を決意した修二は、二人の思い出の地阿寒湖に彼女を誘い出し決行に及ぶ。麻由美絞殺の直後、フロントに呼び出された修二は部屋へ戻り愕然とする。麻由美の死体が消えていたのだ…。女流作家北城恵が阿寒湖を舞台に描く、愛そして、ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 毬藻ロードの火
著作者等 北城 恵
書名ヨミ マリモロ-ドノヒ
出版元 サーモン出版
刊行年月 1988.12
ページ数 288p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4900493082
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想