会陰の切開と保護

雨森良彦編

[目次]

  • 会陰の切開(会陰切開-そのはじまりと変遷
  • 会陰切開の適応
  • 会陰切開と縫合の術式)
  • 会陰の保護(会陰保護のテクニック
  • 会陰縫合褥婦の看護
  • 産褥婦の受けとめかた)
  • 施設にみる対応(北里大学病院産科での対応と診療指針
  • 永井病院における対応
  • 伊集院病院における対応
  • 石塚助産院における対応)
  • 海外文献編 会陰切開と分娩第2期(分娩管理-助産婦の立場
  • 分娩管理-産科医の立場
  • 会陰を損なわない出産-臨床の立場
  • 会陰切開の功罪
  • 会陰切開術は行うべきか、それとも…
  • 正中会陰切開術
  • 会陰切開術・ボディイメージ・性
  • 1984〜85年における調査結果の検討
  • 正常な分娩第2期の取り扱いについての提言
  • 骨盤底意識
  • 分娩第2期において胎児に及ぼすいきみの影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会陰の切開と保護
著作者等 雨森 良彦
書名ヨミ カイインノセツカイトホゴ
出版元 メディカ出版
刊行年月 1988.12.30
ページ数 193 p.
大きさ 29 cm
ISBN 4895730875
ISSN 09108718
NCID BN08274399
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想