インドの神と人

オットー ルードルフ<Otto Rudolf>【著】;立川 武蔵;立川 希代子【訳】

名著『聖なるもの』の著者のもう一つの名著!ヒンドゥー教とキリスト教の比較を通して宗教の本質-救済-に迫る古典的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 キリスト教のライバル-インドの恩寵(恵み)の宗教
  • 第2章 神をめぐる戦い-シャンカラとラーマーヌジャ
  • 第3章 救済の問題-いかにして達成されるか
  • 第4章 インドの恩寵の宗教とキリスト教-異なる精神、異なる救い主
  • 補説(隠れたる神と献信者の神
  • 贖いと贖罪
  • 本源的堕落の理念
  • 同一性神秘主義の同一体験
  • 神は個人的存在<Privatwesen>ではない
  • すべては恩寵から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドの神と人
著作者等 Otto, Rudolf
立川 希代子
立川 武蔵
オットー ルードルフ
書名ヨミ インドノカミトヒト
出版元 人文書院
刊行年月 1988.12.15
ページ数 220p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4409410393
NCID BN03015101
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想