民俗学篇  4

谷川 健一【著】

日本人の意識や行動の根底によこたわる世界観や宇宙観を求めて、煙波のかなたに融合した時空の果てに赴かん-谷川民俗学の凝聚。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 常世論(海彼の原郷-補陀落渡海
  • 常世-日本人の認識の祖型
  • 若狭の産屋
  • 南の島
  • ニライカナイと青の島 ほか)
  • 日本人の宇宙観(古代人の宇宙創造
  • 星と風をめぐる観念と民俗
  • 古代人のカミ観念
  • 儀式の演劇性-芸能の起源としての「遊び」)
  • 国津神と天津神(王権の発生と構造
  • 国と島の日本像
  • 伝統の変貌と持続)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民俗学篇
著作者等 谷川 健一
書名ヨミ ミンゾクガクヘン : 4
シリーズ名 谷川健一著作集 8
巻冊次 4
出版元 三一書房
刊行年月 1988.12.15
ページ数 476p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想